光風会岡山支部ウェブサイトグローバルナビゲーション
ホーム
トピックス
概要
岡山光風会の新しい情報をお届けします

記事一覧


第43回岡山光風会展のご案内

第43回岡山光風会展が5月16日(火)~5月21日(日)まで岡山県天神山文化プラザ(第1・第2展示室)にて開催されます<入場無料>。

第1展示室は第103回光風会展に出品した作品を中心に、
第2展示室は岡山光風会のメンバーによる自選展と、企画展「2作家の10年」を開催いたします。

「2作家の10年」は、各作家が10年分の100号を時系列に展示いたします。絵を続ける楽しみや喜びを感じていただけたらと思います。

今回は、本年会友推挙されました藤井淥水さん・本年光風奨励賞を受賞された筆保博文さんによる展示となります。今後益々の活躍が期待されるお2人の10年の歩みを多くの方にご覧いただけますと幸甚です。

ファイル 80-1.jpg



第103回光風会展入選者・受賞者の発表がありました

第103回光風会展の入選者・受賞者の発表がありました。
岡山支部からは、会友の上野留美さんが光風会会友賞、一般出品者からは筆保博文さんと森美由希さんが光風奨励賞を受賞されました。また森さんは今回が初出品でしたので、初入選・初受賞の大きな喜びとなりました。

<岡山光風会関係の入選者>
赤柏恵子  奥山矩美子  貝原伊真代
笹井志津子  神宝亜季子  妹尾美智子
曽我部厚美  玉木寿子  中村泰子
根岸葎子  林敏昭  藤井淥水
筆保博文  古屋貴久子  森美由希


第103回光風会展は4月19日(水)~5月1日(月)まで国立新美術館で開催されます。多くの方にご高覧いただけますと幸甚です。

ファイル 79-1.jpg
ファイル 79-2.jpg



月例研究会が開催されました

2月26日(日)岡山県生涯学習センターにて月例研究会が開催されました。
ファイル 78-1.jpg
第103回光風会展への出品に向け、制作中の作品を持ち寄りました。完成に向けてどう画面と向き合うか、お互いの作品から勉強をしました。
ファイル 78-2.jpg



改組 新 第3回日展が始まりました。

10月28日より国立新美術館にて「改組 新 第3回日展」が始まりました。本年は岡山光風会より12名の入選者がありました。また妹尾美智子さんはこのたび新入選となり、会にとっても嬉しいニュースとなりました。多くの方にご覧いただけますと幸甚です。

入選者
上野留美 小林直明 妹尾美智子 関野智子 曽我部厚美 常原佳子
成本康子 萩原純子 藤原博 筆保博文 森下修三 結城唯善



萩原純子絵画展が始まりました

アルネ・津山4階 文化展示ホールにて萩原純子さんの個展『萩原純子絵画展 油絵・パステル・水彩・色紙』が始まりました。
公募展に出展した100号作品から四季折々の草花を描いた絵葉書や短冊まで約160点が並ぶ会場には、清々しい空気に満ちていました。
ファイル 74-1.jpg
ファイル 74-2.jpg
ファイル 74-3.jpg
ファイル 74-4.jpg
ファイル 74-5.jpg
会期は6月20日(月)まで。最終日は16:00閉場です。



運営委員会&月例研究会が開催されました

2月21日、岡山県生涯学習センターにて運営委員会&月例研究会が開催されました。
運営委員会では、5月10日(火)~5月15日(日)まで岡山県天神山文化プラザにて開催する第42回岡山光風会展について、開催要項の確認と分掌確認が行われました。
月例研究会では、制作中の100号の作品を持ち寄り、現時点での問題点や今後進めるにあたってのポイントについて検討しました。

ファイル 69-1.jpg
ファイル 69-2.jpg



新年総会・月例研究会が開催されました

1月9日(土)、岡山県生涯学習センターで新年総会&月例研究会が開催されました。第102回光風会展に向けてメンバー一同力作を持参、充実した研究会となりました。
ファイル 68-1.jpg
ファイル 68-2.jpg



改組 新 第2回日展入選者発表がありました

改組 新 第2回日展の入選者発表があり、岡山支部からは6名が入選いたしました。中でも上野留美さんの新入選の快挙は、支部にとっても嬉しいニュースとなりました。

岡山支部関係入選者は次の通り。

上野留美(新入選)
河野あき
関野智子
藤原博
森下修三
萩原純子



『小さな旅 オリーブの風吹く町で』再放送のお知らせ

10月3日(土)朝10:50~11:25、NHK総合テレビにて『小さな旅 オリーブの風吹く町で』が再放送されます。
番組の中では、オリーブをテーマに制作をしている岡山支部の小林直明さんが出演されています。(*地域によっては放送されない場合がありますので、番組表でご確認ください)



『福島隆壽 自選展』が開催されました

7月22日~27日まで、アルネ津山にて『画業60周年 故郷津山にて 福島隆壽 自選展』が開催されました。
初めての故郷での個展ということもあり、お祝いの花々で会場入口は華やかに彩られていました。
ファイル 64-1.jpg

そして、会場入口に飾られていたのは、色彩の対比が印象的なヨーロッパの風景と、鳥取大学で教鞭をとられていた時期のグリザイユの女性像。先生の制作の根幹を成すものを最初に提示されているように感じました。
ファイル 64-2.jpg

今回は学生時代の作品から現在までの小品が数多く並んでいました。これほど幅広い年代の小品が集まる展覧会も珍しいのではないでしょうか。
津山の風景に始まり、身近な静物から、ヨーロッパの風景、裸婦、そして鮮やかな花々。色調、モチーフが変化しながら、独特のスタイルを構築されていく様子を感じることができました。
ファイル 64-3.jpg
ファイル 64-4.jpg

地域の指導者として貢献されてきた福島先生を尋ねて多くの方がご来場されていました。話しに花が咲き、会場が笑い声に包まれることも。
ファイル 64-5.jpg

作家として、教育者としての堅実な歩みを重ねられた福島先生の、今後益々のご活躍とご発展を心より祈念しております。


ページ移動


©2016 OKAYAMA KOUFUKAI. All Rights Reserved.